1. HOME
  2. 会社概要
  3. 品質安全への取り組み・ISO

品質安全への取り組み・ISO

安全への取り組み

ISO45001認証取得

労働に関する規格として国際的に認知された規格です。
ISO45001は『リスク=危険源』を考える事が基本となっています。何か問題が起きてから反応する『リアクティブ』ではなく、何か起こる前に対策をとる『プレアクティブ』の考え方が大前提とされます。問題が起こる前に『こんな事故が発生しそうだ(リスク=危険源)』という可能性を予測し、自主的・能動的に対策をとります。
 
企業活動の中で労働安全衛生上のリスク(事故)が発生した場合、事後対策に膨大なコストが生じ、生産活動にも支障をきたします。また、取引先、顧客、社員とその家族からの信頼を一瞬にして失い、管理者・経営者の責任が問われ、社会的批判や裁判・制裁を受ける事になりかねません。
 
ISO45001は、このようなリスクを防ぎ、労災および労災によるロスを削減、軽減することはもちろん、組織全体に労働災害の防止の仕組を適用し、労働者の福利厚生や組織の効率を向上させるための、労働安全衛生マネジメントシステムです。

                                  

 

iso45001.png

                     

       ※登録証コピーを掲載しています。

 

有資格者数

※2021年1月現在

資格 有資格者人数 資格 有資格者人数
1級建築士 4人 給水装置工事主任技術者 1人
2級建築士
5人
砕石業務管理者

1人

1級建築施工管理技士
5人
第1種電気工事士 4人
2級建築施工管理技士
2人
第2種電気主任技術者 1人
1級土木施工管理技士 6人 第3種電気主任技術者 1人
2級土木施工管理技士 2人 宅地建物取引主任者 2人
1級舗装施工管理技術者 2人 1級造園施工管理技士 1人
1級管工事施工管理技士 2人